対応疾患・手術

対応疾患・診療案内

整形外科は、全身の運動器官・機能を扱う科です。

  • 外傷:骨折・脱臼・炎症
  • 変形:先天性疾患、後天性疾患(関節の変形など)
  • 脊椎:脊椎の変形・圧迫骨折、脊髄が原因のしびれ、痛みなど

が一般診療の主なものです。

当院の特徴

上肢の外科(特に手外科)の専門性

手の運動は脳と直結しており、細やかな動きを必要とするとともに、人間の体の中で最も機密で鋭敏な感覚を持っています。

動きの面では、引っかかる、つまめないといった動作障害、感覚の面では、しびれる、痛むといった症状が多く見受けられます。

日常生活、仕事、趣味にかかわる手の悩みについて、お気軽にご相談ください。

よくある手外科疾患の症状

手根管症候群
親指から薬指にかけてのしびれ感、痛み
ばね指
指を曲げ伸ばしするときの痛み、ひっかかり感
ドケルバン病
楽器の演奏時、子供を抱っこするときなどに手首の親指側が痛む

デュピュイトラン拘縮

[治療前]

[酵素注射療法後]

デュピュイトラン拘縮
手のひらのしこり、指の伸ばしにくさ
デュピュイトラン拘縮に対する新たな治療として、酵素注射療法による切らない治療にも対応しております。
母指CM関節症
親指付け根の痛み、ビンの蓋を回すときの痛み
TFCC損傷
手関節尺側(小指側)の痛み、ドアノブを回すときの痛み

一例として

  • ギターの発表会に向けての練習中に発症したドケルバン病

    → 腱鞘内注射にて症状を改善させ、発表会は無事終了、経過観察中

  • お茶の師範で、膝の痛み、指の引っかかりに悩まされていた方

    → ばね指にて手術(腱鞘切開術)にて症状消失
     膝はヒアルロン酸注射にて痛みが軽快しました

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、担当医を替えたり、転院したり、別の治療を受けたりすることではありません。
まず、他の医師から意見を聞くことです。
別の角度から診断や治療方針を検討することができ、同じ内容であれば、現在の病気に対する理解が深まり、異なった内容であれば、選択の幅が広がり、より納得して治療に専念できるようになります。

治療中の症状の改善が思わしくない方、数年前の手術後のしびれや痛みが思わしくない方、他院での治療を終了された方、現在の症状について評価、診断を行います。

症例1:転倒での手首の痛みが半年間のマッサージで軽快しなかった患者様
レントゲン検査で舟状骨の偽関節が見つかりました。
手術にて疼痛は消失し、部活の野球に復帰しました。

[術前]

[術後]

症例2:5年前に手根管症候群で手術をうけたが、症状が改善しなかった患者様
筋電図検査で再評価したところ、手の神経は順調に回復していました。
首のMRI検査で脊髄神経の圧迫が認められました。
ダブル・クラッシュ・シンドローム(double crush syndrome)の診断で、首の治療を開始しています。

交通事故対応

  1. 初期の正確な診断が重要です。

    自覚症状がなくても、事故後すぐに受診する必要があります。

    画像診断、診察による神経学的異常所見の有無や、必要な検査結果はその後の経過や治療に大きく影響します。

  2. 治療計画

    受傷初期の組織の安静は重要です。

    無理にもんだりすると、かえって痛みがひどくなる事があります。

    当院では定期的な牽引による筋緊張の緩和、温熱療法による改善を行いつつ、症状に応じて薬物治療を加えていきます。

    最終的な後遺症診断などの書類作成のためにも、定期的な診察を行っていく必要があります。

自賠責、交通事故(健康保険使用)、労災、生活保護等、各種保険対応可能。
交通事故:即日診断書発行。後遺症診断まで対応。

PRP療法 ~血液を用いた再生医療

再生医療とは、人間の「再生する力」を引き出す医療技術です。
再生医療にはいろいろな種類があり、自身の血液を利用した再生医療が「PRP療法」です。

1.患者さま自身の血液を採取
prp_202109_01

2.血小板が多量に含まれる血漿を作製
prp_202109_02

3.患部に注入
prp_202109_03

血小板の成長因子が持つ組織修復能力を活かし、修復能力を高めます。
患者さま自身の血液を利用するため安全性が高く、整形外科の分野でもスポーツ選手のケガや肘や膝の関節の痛みなどの治療に用いられています。
PRP療法は、保険診療として認められておりませんので、自由診療で行われていますが、再生医療を行う施設は、厚生労働省に届け出が義務づけられており、安全性の基準も制定されています。当クリニックは、「第3種再生医療等」の認可を受けております。

診察・治療の流れ

まず、PRP療法の適応の有無を調べる診察、検査があります。これらは保険診療で行います。

  • 各種画像検査(レントゲン、エコー、MRI検査など)
  • 血液検査(感染症の有無、血小板数など)

PRP療法適応あり、注射可能と医師が判断した上で治療が可能となります。
同意書作成後、PRP療法の予約をお取りいただく流れとなります。
PRP療法は体調や年齢により効果に個人差があるため、通常3回の治療を行います。

当院でのPRP療法費用(自由診療)

1回目   PRP注射+再生医療実施料 40,000円
2回目以降 PRP注射  30,000円

▼PRP療法について、詳しくはこちらをご覧ください。
banner04

その他にも

  • スポーツ整形:スポーツによる外傷・障害への対応
  • リウマチ:診断、治療、
  • 腫瘍:良性腫瘍、悪性腫瘍の診断、処置
  • リハビリ:疼痛、炎症改善、機能改善・促進を目的とした指導・療法

を行います。

また、自費診療として

  • プラセンタ注射
  • AGA外来
  • PRP療法

も行っております。

手術が必要な場合、近隣の連携病院への紹介、オープンシステムを利用した手術もお受けします。

お気軽にご相談ください。

手外科診療・手術について

オープンシステムを利用し、入院、手術にも対応させていただいております。
対応病院は大久保病院、明舞中央病院となっております。

その他の分野についても、専門医との連携を密に行い、手術希望に応じて紹介させていただきます。

院内設備

 

治療スペース

 
     

自動間欠牽引装置

 
 

マイクロ波治療器

 
     

レントゲン室

 
 

受付・待合室

 
     

キッズスペース